2017年6月17日土曜日

PCリサイクルマークのあるパソコンの処分 3

今朝起きて居間へ行くと机の上にシャープからの二通目の封筒が。

どうやら昨日夕方には届いていた様子。

開封すると今度はちゃんと排出用伝票が入っていました。

これを梱包した荷物に貼り付けて出すわけです。

PCを梱包します。

内容物はPC本体と電源ケーブルです。
正規付属品以外は取ってくれないので注意します。
丁度いい感じの段ボールがありましたが、入れてみるとちょっと小さいかな…

まあいいや、ガムテープでしっかり止めてー

伝票を貼り付け梱包完了。

土曜日だと郵便局は通常の窓口が閉まっているので、ゆうゆう窓口という所へ持っていきます。
自宅からだと 20km 離れた郵便局にしかゆうゆう窓口はないのでそこへ。

タバコ屋風の簡素な窓口で職員に手続きしてもらい、控えを受け取って全行程終了です。


前回は料金の振込の手間で全て終わるまで半月近くかかりましたが、今回は一週間かかりませんでした。
丁度いいタイミングで伝票が届いたのがよかったのでしょう。
ただエコゆうパックは郵便局でしか扱ってくれないので、排出の申し込みは日曜あたりにすればもう少し余裕をもって排出出来そうです。
この制度は手間の多さに加え、土日縛りがあるのがネックですね。

ともあれ無事処分できました。
PC がしっかりリサイクルされることを願います。

2017年6月15日木曜日

PCリサイクルマークのあるパソコンの処分 2

あれからメールを確認してみると、申込当日に確認のメールが届いていました。

受付番号が書いてあるので削除せずとっておきます。

そして今日、ついにシャープから排出書類が!。

よおし次は梱包作業だ!。

…と思ったら

PC排出時の諸注意などが記載された紙が三枚。
荷物に貼り付ける排出用伝票はありません。
よくよく読むと伝票は申し込みから一週間後にくるそうです。
なにそれ。


いきなり肩透かしというかなんというか…
まあクレジットカードなんかだと所在確認を兼ねてキャンペーンハガキを送って来たりします。
これも申込者がその住所に存在しているかの確認なのかもしれません。
PCリサイクルマークもタダではないですしね。

梱包方法を考えながら待つことにします。

2017年6月13日火曜日

PCリサイクルマークのあるパソコンの処分 1


ここ半月ほど、おさがりの XP ノート PC を何とか使えないかと模索していました。
しかしこの10年以上前のモデルは PAE(Windowsで言う所の物理アドレス拡張)非対応機。
最近の Linux を入れようにも 軽量と言われる LinuxMint すらダメ。
また XP だとなぜか光学ドライブがまともに機能せず(LinuxのLiveDVDでは動く)、サポート切れなせいか WindowsUpdate のページが開けない。
電源スイッチが半壊しており毎回ぶん殴らないと電源が入らない上、バッテリーも死亡。
そして無線LANカードが突然認識しなくなったりと原因不明の様々なトラブルが頻発する始末。

いかん、こんなポンコツにこれ以上時間を割くワケには…
しかしあれば気になる。

という訳で、古い Windows 環境は惜しいものの全く使い物にならないので処分することにしました。
今回は PC リサイクルマークのあるパソコンの廃棄を、半リアルタイムでご紹介します。

排出するのはこれ。

シャープのノートパソコン、メビウス(PC-AL50G)です。
シャープは現在すでにパソコン事業をやめていますが、リサイクルは今も受け付けています。

では早速申し込みです。
http://www.sharp.co.jp/support/pcrecycle/index.html
へ行き…

回収お申し込みをクリック。

規約ページが表示されるので同意するをクリック。

個人情報を入力していきます。

注意するのは機種名の欄。
今回排出するPCの機種名はメビウス…と思いがちですが、ここに記入するのは型番です。
素直に型番って書けばいいのに紛らわしいですね。
記入し終わったら記入確認をクリックし、次のページでざっと確認して送信をクリックします。

すると送信終了ページが出ます。

Web上での申し込みはこれで終わり。
回収案内書類が届くまで待ちます。
申し込んだのは2017年6月12日の午後六時。
前回は半月掛かりましたが、今回は何日で終わるでしょうか。