2017年1月30日月曜日

Yahoo メール を Thunderbird で使う際の設定変更方法

元記事は2014年に作成されました。

YahooJapan の相次ぐサービスリニューアルで Outlook や Mac の Mail、Thunderbird などのメールクライアントの設定も変更しないといけなくなりました。
2014年5月13日以降は設定を変更しないとパソコンのメールクライアントでは送受信が出来なくなります。

今日は Yahoo のサポートページにも記載の無い Thunderbird の設定変更方法を書きます。

☞ 作業の流れ
大まかな流れは以下の通りです。

  • 送信メールサーバをアカウントごとに用意(追加設定)する
  • アカウントに送信メールサーバを指定する
  • 受信メールサーバの設定を変更する

✿ 送信メールサーバをアカウントごとに用意(追加設定)する
今までは送信メールサーバは特にユーザを指定せず smtp.mail.yahoo.co.jp と記述した設定を一つだけ用意すれば OK でした。
しかし新しい設定では Yahoo! Japan ID ごとに別の設定が必要になります。
少し詳しく言うと、Yahoo! Japan ID を送信サーバの情報にユーザ側であらかじめ記述するようになりました。

✓ 送信メールサーバの設定
  1. メニューバーのツール → アカウント設定… を選択
  2. 右ペイン一番下の 送信(SMTP)サーバ を選択
  3. 送信サーバリストから smtp.mail.yahoo.co.jp という文字列の含まれている設定を選んで 編集 をクリック
  4. ポート番号に 465 と入力
  5. 接続の保護に SSL/TLS を選択
  6. 認証方式に 通常のパスワード認証 を選択
  7. ユーザ名に yahoo! Japan ID を入力(***@yahoo.co.jpの*の部分)



複数の Yahoo メールアカウントを持っている場合は手順 3 で 追加 をクリックして追加設定します。

✿ アカウントに送信メールサーバを指定する
各アカウント設定に、先ほど設定したアカウントごとの送信メールサーバを指定していきます。

✓ 送信メールサーバを指定
  1. アカウント設定の左ペインから Yahoo メールのアカウントを選択
  2. 右ペイン一番下の 送信(SMTP)サーバ にアカウント名と同じユーザ名を設定した(前項の手順7)送信サーバを指定

✿ 受信メールサーバの設定を変更する
最後に受信メールサーバの設定を変更します。

✓ 受信メールサーバの設定変更
  1. 左ペインの編集したいアカウントの サーバ設定 を選択
  2. ポートに 995 と入力
  3. 接続の保護に SSL/TLS を選択
  4. 認証方式に 通常のパスワード認証 を選択

これでリニューアルされた Yahoo メールが Thunderbird でも送受信出来るようになります。
変更後初めて送受信するとパスワードを聞かれるので、Yahoo! Japan ID のパスワードを入力してパスワードを保存するようチェックを入れ OK をクリックします。

パスワードを保存する事で以後はパスワードの入力無しに送受信出来ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿