2016年12月15日木曜日

Photoshop Elements 6 を Sierra で快適に動かす

今回は Photoshop Elements 6 を macOS Sierra で快適に動かす方法を紹介します。
PSE6 は CS3 世代なので、同じ世代の Photoshop でも有効かもしれません。

では手順。

  1. 定規を非表示にする

これだけです。
もう一度言います。

定規を。

非表示にする。

ええ、本当これだけ。

定規の OFF・ON で天と

地ほども

パフォーマンスが変わるのです。
昨年末堪り兼ねて ver.14 を買ってしまったのが悔やまれる程の差です。

あと、ElCapitan 同様 Sierra でもキーボードショートカットで少し問題が出ます。
キーボードの入力ソースを U.S. にすれば正常に動きますのでお試しを。
入力ソースはシステム環境設定>キーボードで追加できます。

  1. システム環境設定>キーボード>入力ソースを開く
  2. 左ペイン下の+ボタンクリック
  3. リストから英語を選び U.S. を選択して追加

OS のアップデートで支障が出ると、ユーザー側でできる事ってそんなに多くないです。
しかし今回のように結構単純な変更で劇的に改善することも。
諦めずに色々調べたり試行錯誤はしてみる物なんだなと改めて感じました。

2016年12月14日水曜日

macOS Sierra 10.12.2アップデート

10月以来2回目の Sierra アップデートが来ております。
今回はタッチバー搭載 MacBookPro 向けの修正が多いようです。

自分の Mac(iMac Mid2011)へは
iCloud・ストレージ通知の表示・Bluetooth・写真・Safari・BootCamp 等の修正辺りが関係するでしょうか。
でもどれも積極的に使ってるわけでもないのでピンとは来ません。

パフォーマンスや互換性の改善もあるとあります。
iDVD や Premiere/Photoshop Elements でちょっと問題も起こってますし、さっさと入れてみましょうかね。

まあ大体は解決しないんですが。

2016年12月13日火曜日

ウルヴァリンミニフィギュア


今日はプライズ(ゲーセンの景品)のフィギュアをご紹介。
ワールドコレクタブルフィギュア・マーベルコミックス(長い)というシリーズのウルヴァリンのフィギュアです。
ウルヴァリンは今更説明するまでもない、世界的に有名なアメコミのキャラクターですね。
低めの身長のガッチリ系、鉄の爪を生やして戦います。

箱は 11cm × 5cm 、ちょっとした箱花火くらいと小さめ。

自分はお宝系ショップで780円で売ってたのを買いました。

手のひらにちょこんと乗るくらい小さいフィギュアなんですが、造形はしっかりしています。

全長約6.5cm(台座含む)。

背中。

ちゃんと筋肉の隆起があります。

おしり。

支えるための棒を差し込む穴があります。
でもこれ台座に足を固定すればしっかり自立するのでいらないんです。
自分に腕があればパテかなにかで埋めたいくらい残念。

トレードマークの爪。

驚くべき事にこの爪、一本一本ちゃんと別れています。
年初に買った貯金箱のウルヴァリンは、全長18cmの大きさで爪は一体成型でした。
なのでこの小ささでここまで細かいのはなんだかうれしい!。

しかし彼のアダマンチウムの爪はグニャグニャ。

箱から出した時点で癖がついてしまっていました。
何度か曲げたりしてマシになりましたが、あんまりテンションかけるとポッキリいきますねこれは。

塗りはシャドウを入れたりとかしていないのでアッサリ。
まあデフォルメキャラのフィギュアに精巧な塗りは似合わんでしょうし、これでいいと思います。

デスクに一体、お守りとして強い野郎キャラを置いておくには最適なフィギュアです。

おひとつどうです?。

2016年12月5日月曜日

DC Comics Designer Series Dark Knight III: The Master Race Batman by Andy Kubert Statue

発売日が延期される事4回。
やっと届いたので開封の儀的なことをやってみようかと思います。

早速開けていきます。

…でかい。
そして予想以上に重い。

緩衝材も兼ねた中箱は発泡スチロールでした。

外箱に対しピッチリサイズなので、すんごく取り出しにくい!。

発泡パッカリするとビニールに包まれたバットマンがこんにちは。

「苦しい…早く出してくれ…」

自立しないのでこれまたズッシリ重い台座が付属します。

4938番目のバッツでした。

正面全身。

いい…っていうかでかい。

上から。

ちからこぶ!。

右側。

思えば左足のパンツのシワに惚れたのである。

煽り気味。

多分この辺りがこのスタチューのベストアングル。

背中。

語りまくり。

USアマゾンのレビューを見ると、破損品が届いたりといった事例があるようでかなり不安でしたが、とりあえず無傷で届きました。
色味・形ともにほぼサンプル写真通りで概ね満足な出来栄えです。
ただ少し顔の塗りムラが気になりました。
ピクサーの CG みたいな肌の質感を期待していた自分としてはそこと、本体側に台座固定用のピンが付いてる点が残念。
あのピンは台座外して眺めたい時など結構邪魔な上、手をケガしそうで危険です。

全長30cm・2.9kgという事で存在感はかなりのもの。
移動時など持つというより抱える感じになります。
素材は樹脂だそうですが感触は金属っぽく、マット仕上げのメタル製かという位ズッシリ重厚なスタチューでした。

多少気になる所はありましたが全体的な出来は素晴らしい。
極太なバットマンが好きなら買ってみるのも良いかと思います。

いやあ9ヶ月は長かった。

2016年12月4日日曜日

iOS9.3.5 5c + auMVNOSIM で 4G データが通信できなくなる現象

【これまでの経緯】
晴れて mineo サポート端末になった iOS9 の iPhone5c。
暫く問題なく使っていたものの、いつからか 4G データ通信が不安定に。
機内モード切/入などの対処法は効かず、再起動する以外回復しない。
iOS10 へのアップデート通知を止めるために入れた tvOS プロファイルが悪いのか?。
試しに消して一週間ほど様子を見る事にしたが…

あれから一週間どころかひと月近くも経ってしまいました。
プロファイル消去とネットワークのリセットをして早々に、やはり 4G のデータ通信が不能になる現象が発生。
ということは tvOS のプロファイルは無関係である事が推測できます。
なのでプロファイルは入れ直し。

暫くそのまま使いつつよくよく考えてみると、高負荷なゲームで遊んでいるときに 4G が効かなくなる事が多いなあと気付きました。
大体の流れは…

  1. ゲームでひとしきり遊ぶ
  2. 他のアプリを使うためバックグラウンドへ
  3. 他のアプリへ切り替えて暫くすると突然不能になる

で、ゲームを消したら(やらなくなったら)それから今日まで現象は起きません。
どうやら余り高負荷のアプリを使っているとデータ通信がおかしくなるっぽい。

iOS9 でも割と軽快に動く 5c ですが、あまりヘビーな使い方は控えた方が良さそうです。